エピレ

クリニックでの脱毛のメリットとデメリット

MENU

クリニックでの脱毛のメリットとデメリット

 

脱毛というと脱毛サロンを思い浮かべる方が多くいますが、実は病院でも脱毛をすることができます。

 

美容皮膚科や美容整形外科では、医療脱毛を取り扱っているところも多くあるんですよ。

 

 

脱毛サロンとクリニックの違いは、クリニックの方が出力の強い脱毛機使用しているということが挙げられます。

 

そのために、脱毛サロンより効果が早く感じられて、通う回数も少なくて済むことになります。

 

脱毛サロンのたいだい3倍のパワーの機械を使っているので、脱毛効果が早く得られるというのにも納得ですね。

 

 

ただし、クリニックでの脱毛は、

 

  • 痛みが強い
  • 価格が脱毛サロンよりも高額

 

という点がデメリットといえます。

 

 

痛みに関しては、

 

  • 脱毛機の出力を下げてもらう
  • 麻酔をしてもらう

 

といったことも可能なので、耐えられない場合には相談してみると良いでしょう。

 

 

なお、麻酔は、クリニックならではのものです。

 

しかし、麻酔はお金がかかるので、自分のお財布と相談してくださいね。

 

 

病院で脱毛をすれば医師が必ずいるので、お肌にトラブルがあった場合にもすぐに診てもらえます。

 

この点が、クリニックでの脱毛の1番の強みとも言えるでしょう。

 

脱毛エステには医師は常駐していないので、トラブルがあったときにはスタッフに相談し、それでも解決しなければ自分で皮膚科へ行かないとならないのです。

 

なので、アトピーやその他の理由でお肌の弱い方には、クリニックでの脱毛には安心感があるでしょう。

 

 

クリニックでの脱毛は確かに高いのですが、回数が抑えられるため、もしかしたら同じくらいの価格で完了できるかもしれません。

 

ちなみに、永久脱毛と言って良いのはクリニックの脱毛だけなので、それだけ効果も確実とも言えます。

 

 

脱毛を考えていて脱毛を早く終わらせたいという方は、クリニックでの脱毛を視野に入れてみるのもいいでしょう。